もう働きたくない!それが正常なんです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、ひろぎんです。

僕は子供の頃に漠然と思っていたことがあります。

それは、、、

働きたくない

なぜなら僕が幼い頃、サラリーマンの父親が毎朝早朝にスーツを着て出かけ、帰宅は夜遅いのを見ていたから感覚でそう思ったのです。

しかも父親は転勤が多く単身赴任であっちこっち行っていたので僕が一緒にくらしたのはほんの数年間です。

僕は幼いながらに大人は時間がないんだなということを何となく思っていました。

そして将来自分は朝から晩まで仕事したくないなと思うようになりました。

中学、高校に上がるにつれてその想いは強くなります。

しかし20代前半でパチンコが原因で借金を作ったのが原因で収入をアップするためバイトしていた飲食店で社員になります。

社員になって思いました。

アレ?父親よりももっと時間がなくね?

僕はよりによってブラック企業の飲食チェーンで社員になってしまったため、サラリーマンよりもはるかに自由はありませんでした。

1番ひどい時期は毎日17、8時間労働で休みが2ヶ月くらいなかったり、サービス残業のめたいくら働いても給料変わらないという感じでした。

しかし洗脳状態にあったのでブラック企業時代は本当に会社や上司の言うことを聞いてひたすら働きました笑

気づいたら店長にまでなっていたのでもう本当に奴隷のような日々でした。

自分で言うのもなんですけど人生で1番仕事をした時期だと思います。

しかしそれから精神的にも肉体的にも無理をしまくっていたり、ストレスを抱えていくうちに僕はぶっ壊れました。

家はゴミ屋敷になり、休日は幻聴のように店のいろんな状況が脳内フラッシュバックしたり、営業成績やクレームなどのプレッシャー、上司からの着信に怯える毎日、、、

これは今思うとけっこう精神ヤバかったですねぇ。

7年半の間で家族や友人とも疎遠になるぐらい身を粉にして働きました。

そこらじゅうで死亡説が流れてたみたいです汗

僕のいた店は寿司屋だったため、年末年始は超忙しいため毎年仕事でした。

1番悲しかったのは自分の店のノルマのために自腹で買った3万のおせちを毎年実家にプレゼントで送り、自分は超忙しく仕事しているということでしたね。

なんだそれって感じですよ。

そしていよいよ心身ともに限界になりブラック企業の社畜としての仕事を辞めました。

それから考えたのはいかに働かなくて良いようにできるか、さらに責任の無い仕事を探すかということでした。

いきなりですが、今この記事を読んでいるあなたは仕事をしていますか?

ではその仕事は心から楽しくてしょうがないというぐらい楽しいですか?

いやー、仕事が楽しいから休みがなくてもいいぐらい、さらに給料も安くても良いよ!

こんな人世の中にいるんですか?

間違いなくいないでしょうね。

僕はブラック飲食店を辞めた後に工場や倉庫での仕分けやピッキング作業、コールセンターで電話対応とかいろいろやってみました。

しかしどの仕事をやってももう苦痛でしかないんですよ。

僕は思いました。

会社で雇われて仕事をしている以上はどんな仕事をしても同じだな、と。

僕らは会社組織に入ると自分の時間を販売してその対価として平均年収400万の給料をもらうことができます。

そのためには会社の言うことを聞いて行きたくない会社に行って意味のわからない上司の言うことを聞いて何のためかもわからない仕事をして毎日8時間を献上します。

それが65歳の定年まで40年以上も続いていきます。

僕はこの構図がもう嫌になってしまいました。

結局ブラック企業だろうがなんだろうが労働者である以上は同じことなんです。

なんで自分の人生において最も貴重な時間をお金のために会社に献上し、自由を奪われなくてはならないのか。

じゃあもう労働者で働きたくない。

けど働かないと収入がないから仕事しなきゃ。

やはりこのようなジレンマが襲ってきます。

じゃあ何のために働くか、お金のためです。

じゃあお金があったら働かなくて良いのか?

じゃあ働かないでお金が入るにはどうしたら良いのか?

僕はここで選択を間違えました。

それはギャンブルに走ってしまったのです。

オンラインカジノで大金を稼ごうと思ってしまったんです。

これは本当にバカな考えでした。

そのせいで結果的に300万の借金を作りました。

ギャンブルで儲けようというマインドではうまくいかないです。

ギャンブルは胴元が勝つようにできているため勝ち続けることは絶対にできません。

では働かないで収入を得られるようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

何かないだろうか、一気に借金を返したり、お金を稼げる方法はないのだろうかと本気で思いました。

そんな中で堀江貴文さんやその他の起業家の方々のYouTubeなどを片っ端から観てわかりました。

ネットの仕組みを使ってビジネスをする

ネット上にモノが売れる仕組みを構築してしまったら不労所得の完成です。

実はその方法はネットが発達した現代ではいくらでもあるんです。

しかも中学生から高齢者までパソコンやスマホを使って誰にでもできるというものすごくフェアなビジネスなのです。

しかし簡単に今すぐできれば誰も苦労はしません。

なのである程度は努力が必要です。

しかし学んで正しく積み上げていけば必ずいつしか稼げるようになり、旅行をしながらノートパソコンで少しの作業をするだけで自動でお金が入るような理想的な人生を手に入れることができます。

いわゆる不労所得です。

胡散臭いですがこれはネットの力を使えば当たり前にできることです。

僕は今ネットに仕組みを作るために学びながら実践をしています。

もう働きたくない、

これはまともな感情です。

しかし多くの人達が社会の常識や今までの教育で洗脳されています。

一般人がネットを使って収入を得られるという、この事実を知りません。

汗水垂らして会社のために仕事をしなければお金は稼げない、それはネットが発達する以前の話です。

しかし今の日本の常識では会社に属していないと不安定、正社員は安定していると教えられます。

だからいやだなぁとは思いながらも満員電車に揺られて会社に出勤してやりたくない仕事をやるということが当たり前になってしまうのです。

ただ僕は会社員をディスっているわけではありません。

今のままで良いという方はそれで良いと思います。

僕は自分が時間を奪われるのが嫌なためネットビジネスて不労所得を構築し、自由な人生を生きることを目指してます。

ネットビジネスでまずは自力で生活できるお金を稼げるようになって雇われる仕事を卒業しましょう。

そしてお金のために働く状況を抜け出してやりたくないことをやらない選択ができる人生を送れるようになります。

それができたらなんと素晴らしい人生かと思いませんか?

誰もが自由を奪われたくないという気持ちを持ちながら諦めてしまっているのです。

さあ、働きたくないと思っている方は常識を疑って洗脳を解き、一刻も早く労働者を卒業して一度しかない人生を取り返しましょう!

まさにネットがそれを可能にしたのです!

あ、あとこう言うことを言うとそんな事出来るわけがないという批判的な意見を言ってくる方がいます。

心配いりません、そんな人達はフルシカトで構いません。

人は知らないことに対して恐怖を抱く生き物なんです。

関係ないじゃないですか、そんな人達の意見なんて。

知らないで言ってるだけなんですから。

大切なのは自分がどうなりたいかですよ。

というわけでネットビジネスの方法などについてはまた別の機会に書こうと思います。

今回は働きたくない、という感情は正常であるというお話でした!

それでは、ありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする