完璧主義をやめてやるべきことをやろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、ひろぎんです。

完璧主義者はやめましょう。

これは最近僕の尊敬している方が言っていた言葉です。

物事を何か始めようとした時や今日はこれをやろうと決めた時に結局ダラダラしたりYouTubeやTVやツイッター、インスタ見ちゃったりして結局何ひとつやってねー、やべーって状況は誰しも経験があると思います。

これは人が無意識にちゃんとやろうとか、きちんとしなきゃと思って行動するから結果的にサボってしまうんだそうです。

たしかにそうだなと思いました。

例えば僕ならよーし、ブログ記事を書くぞ!

と意気込んで書いてみたのはいいですがいざ書いてみるとまだブログを書くことに慣れていないのでうまく文章が出てこなかったり書き方もよくわかっていないので、すらすらキーボードも打てないし文字は間違えるし文章変だし漢字これでいいんだっけ、いやそもそも漢字多いと読みにくいかな、文章長いかなetc・・・。

とまあこんな感じで完璧にやろうとしてしまい何をしたらいいのかわからなくなってしまい結果的にやーめた、と途中でやめてYouTube観ちゃったりするわけです。

まさに今一回書いた文章を全部消して書き直しているのでこれこそが完璧主義です笑

つまり自分でハードルをあげてしまっているのでできもしないことをやろうとしたりしてしまうからやめてしまうのですね。

本を読もうと思っても今まで僕のように本を読む習慣がなかった人からすると一日一冊本を読むってだけでもすごいハードルが高いです。

ブログを最近始めた僕が毎日必ず一記事ブログを書くぞと思っても実際今日は前回からはもう二日後の更新になってしまっているわけです。

ではどうしたら良いのか。

完璧主義をやめるんです。

本を読むならよし、一ページだけ本を読んでみよう。

これでいいんです。最初から一冊の本を全部読もうとせずにとりあえず一ページ読んでみる。これをやると面白くなってもう一ページ読んでみようと読み進むかもしれません。

気づいたら10ページ読めるかもしれないですね。

ブログだったらとりあえず文字少なくてもいいし文章変でもいいし漢字なければひらがなでいいしってことにしてとりあえず書いてアップする。

そうすることによって毎日書けるようになっていくうちに少しづつブログの書き方がわかってきて気づけばプロのブロガーみたいになれるかもしれません。

いいんですよ完璧にできなくても、とにかくやってから考えればよいのであっていきなり完璧にやろうとするから自信喪失したりいやになってやめちゃうんで。

これの話を聞いて安心しましたね。

今までいかに自分が完璧主義者でいたのかがよくわかりました。

なので僕は中途半端でも完全でなくてもそれでいいんだと思うように意識を変えました。

とりあえず走ってみてダメなら次を考える、これが大事なんだということですね。

そんな感じで完璧主義をやめてどんどんやりたいことをやっていきましょう!

ありがとうごさいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする