失敗しないようにと挑戦せずにあきらめてしまうということは成長のチャンスを放棄している

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもひろぎんです。

さてあなたが何かにチャレンジするとき、次のどちらに当てまりますか?

失敗したらしたでしょうがない、一度きりの人生やらないで後悔するよりましだ。

それとも、失敗を恐れてそのチャレンジをあきらめる。

僕は間違いなくあきらめる生き方を34年間してきました。

子供のころに失敗したら怒られたことや失敗は恥ずかしいことだと教えられて育ったことが大きいです。

「失敗しないようにするにはどうしたら良いか」

導きだした結論として、挑戦しなければ失敗して恥ずかしい思いをすることはないということでした。

僕は中学生の時にクラスメイトの女の子のことが好きだったとわかったのがクラスメイトの男の子と付き合っていると知った瞬間でした。

それまで恋をしたことがなかったため失恋して初めて自分の気持ちを知ったのです。

それは驚きと同時に自分のことなのに知らなかった恥ずかしさで消したい過去にしてしまい、それからは無理やり恋をしないようにして放棄していました。

しかし果たして人生それでいいのでしょうか?

失敗しないように物事から逃げればその場はたしかに失敗しないで恥もかかずに済むかもしれません。

だけどそれでは経験値が全く増えません。

当然それでは野球選手がバッターボックスに立っていなければヒットが打てないのと同じで女友達すらできません。

僕は今まで何から何まで逃げましたが結果的には逃げきれず、一時的に問題を先送りするだけだったと思います。

失敗を恐れてその出来事から逃げれば逃げるほど成長できる機会を失って成長を放棄するのですから中身は大辞典ではなく薄っぺらいペラ紙です。

今人生どん底なのでなんとか変わりたい、その一心で前進を始めました。

今はネットビジネスを成功させて金銭的、経済的、精神的、身体的自由を得ることができるように学び始めました。

失敗しても失敗してもその次成功したら、成功するまで諦めずに前進したらそれは失敗ではなくなります!

もし同じような方がいたら、今からでも決して遅くはないです、少しでもいいから失敗してもいいからチャレンジしてみよう!

今ようやく34歳でそんなマインドになって来ました。

遅いかもしれないけど確実に何かがきっと得られるからやります。

以上、失敗から逃げ続けて成長する機会やチャンスを放棄し続けた男からのメッセージでした。

とにかくこれからは失敗しまくって人生を変えてやるぜ!

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする