常識的な生き方から外れる生き方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもひろぎんです。

僕は三年前まで某外食大手チェーンの飲食店で店長をしていました。

なぜ僕が飲食店で働き始めたかというと最初はまかないが食べられるという単純な動機でした。

18歳ぐらいからホールの仕事や調理場の仕事で短期派遣で毎日違う業態、現場に行っていたので今までに述べ数百は店舗を見てきたと思います。

そしてその後にアルバイトで入店した店舗で社員になり、店長まで任されたのですがあまりに労働環境などが悪かったことや精神的にまいりだしたので他店への異動を機に13年間身を置いた飲食業界を去ることにしました。

それからはバンド活動をしたり旅行に行ったりしながらアルバイトでコールセンターの仕事をしていつかバンド活動だけでやっていけたらなんて甘い考えで三年間音楽活動していました。

音楽性の不一致や僕の考えが変わってきたことと何よりバンドが楽しくなくなってしまったので三年間活動したバンドを脱退しました。

それからはどうしようかと思いましたがとにかく借金の支払いで収入のほとんどが消えていく生活に嫌気がさしたため就職をしてボーナスをもらって返済に充てていこう、そう決意したので就職活動を人生で初めて33歳にしてはじめたのです。

色んな就活サイトに登録し、履歴書や職務経歴書などを作成して履歴書用の写真も取ってスーツも買いました。

コールセンターの会社の面接を三社受けて内定2社という結果でした。

しかしアルバイトの収入に毛が生えたような条件で社員になるのはどうも納得ができなかったため2社ともお断りしたのです。

よく考えてみればコールセンターでの経験も二年半くらいでアルバイトのためその条件も当然と言えば当然だったのですが。

内定が決まった時にコールセンターは辞めると申し出ていたため、内定を断ったことは言わずに辞めたので夜勤のそれから三か月くらいは面接をいくら受けても全く内定がもらえない日々が続きます。

さすがにまずいと思い、焦ってしまったりして面接で自分を出せなかったり守りに入ってしまい今思えば悪循環にハマっていました。

そんな中で夜勤の倉庫内で仕分けのバイトをしていた時にギックリ腰で二週間くらい働けなくなるという最悪な事態を迎えます。

支払いは滞るし仕事できないから金は入らない、万事休すかと思い、あの時就職しておくべきだったかなどと色んなことが頭をよぎりました。

結果的に働いてすぐに給料が振り込んでもらえるコールセンターの仕事が見つかりなんとか生活をしていけるようになり、また就職活動をしてすぐに辞めるつもりだったのですが、考えが変わります。

何かお金を稼げる方法はないかとネットで探しているとどうしてそうなったか忘れましたが堀江貴文さんのYouTubeの動画に行きつきます。

そこで目が覚めるような衝撃を覚えました。

今までこの数か月の自分は一体何をしていたんだと・・・。

会社の一歯車になって一生安い賃金で労働力として身を削って生きていくなんて絶対に嫌だ、そう思ったのです。

今後はAI技術の進歩によってAIにできる仕事は人がやらなくて良いことになり、その結果職がなくなる可能性が出てきています。

実際どうなるのかまだわかりませんが今ある仕事の大半がAIに奪われていくと言われています。

そんなことも何も知らなかった僕はネットで色々検索して調べていくうちにどうやら世界的にもネットやAI技術によって大きく社会が変わろうとしていることがわかったのです。

今まで普通に考えて会社員をして給料をもらって生活することが常識だと考えて疑うこともなかったのですが、ネットビジネスで収入を得ている人が世の中にはたくさんいることやネットビジネスは必要経費が安いので実際に物件を借りて運営する会社に比べてリスクが圧倒的に少ないうえに収益はほぼ利益になるということを知りました。

しかし今までそんなことをやったこともないのに自分にできるのだろうか、きっと一部の先行者しか稼げないのではないか、特別なスキルがないとetc・・・。

人間は知らないことに対しては恐怖を覚えます。

そりゃ今までにないことを始めるのは誰でも恐いです。

しかし堀江さんの書籍やメルマガを読んだり、他にも調べていくとどうやらネットビジネスはきちんと的確にやるべきことをひたすらやれば初心者でも稼げるのだということがわかりました。

しかも会社員の給料では到底稼ぎ出せない月収100万円や月収1千万円など稼いでいる人はたくさんいるのです。

いやいやどうせそういう人たちって特別な何かがある人たちなんでしょう、と思いましたがその人たちが稼げるようになる前の状態がどうだったのかを知って一気に気合いがみなぎりました。

なんと今では年商数億円を稼いでいる様な人たちの多くが元サラリーマンであったり、大学生で起業して初月に100万円以上利益を出したり、借金まみれで初めて半年後に月収50万円とか、自分の今までの常識を覆すような事実が目の前に広がっていたのです。

僕は会社員で時間の切り売りをして一日8時間働いて週に5日間勤務で月30万円とボーナスもらって年収何百万円ってあり得ないなという価値観に完全にシフトしました。

夏ごろから情報商材にもお金を投じて本やYouTubeで勉強するようになって思いますが、いかに今まで何も考えずに生きてきたのか思い知りました。

自分でネットビジネスを起こしてしまえば僕のスペックで会社員になってもらえる年収なんてあっという間に稼げてしまいそうな気さえし出しています。

いかに情報投資してインプットした情報をアウトプットして自分のものにしていくか、そして日々継続し続けられるようにしていくことが大切だとわかりました。

会社員としての生き方を選んで生きている方で毎日楽しくその仕事を心からやりがいを感じてできているのならそれは良いことだと思います。

しかしそうでないとして会社に勤めるのが当たり前、常識だから、経営者なんて自分には無理、と考えているのであれば会社に依存するのは危険だと思います。

まして毎日の満員電車や自分の貴重な時間を削られる通勤時間、上司や同僚、後輩とのグチの舐めあいでしかない飲み会等に僕は時間とお金を費やしたくありません。

しかも会社は社員を守ってはくれません、業績が悪くなれば減給、そればかりかリストラも倒産もあり得ます。

だったら今のうちに自分でビジネスを始めて稼げるようになった方がどれだ良いことかと思います。

常識とは誰かにとって都合の良いものであって正しいとは限りません。

だったら自分で勉強して自分がやりたいことだけやってお金を稼げるようになるにはどうすればよいのか、それを考えて努力していけば良いのです。

始めはブログをとにかく書いていくだけでも良い、やり続けることが大事で最初から完璧を求めない、完成度が低くても稼いで成功してる人のやり方を徹底的にパクってものにしていくのだということを知りました。

他人に価値を提供できるからお金をもらえる、では価値提供するためにはどうしたら良いのか、これを日々考えながらやっていく。

必ず結果が出るようになるはずです。

常識を抜け出して僕は走り始めました、きっと一年後は圧倒的に今より成長し、もっともっとビジネスを大きくし、このブログはなんてしょぼいんだ、こんな記事書いていたのかと思えるぐらい進化していると信じています。

さあ未来を切り開くのは今の自分です、結果が出るまで正しい努力をやり続けましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする