楽して稼ぎたい、楽してモテたいはむしろ全く稼げないし全くモテない

どうも、ひろぎんです!

以前の僕はどうにか楽して稼げる方法や楽してモテる方法ばかりを探しては無駄なことを繰り返してきました。

ハッキリ言ってそんな方法があったら誰も苦労しません。

あり得ないです!

昔の僕は楽で給料の高そうなバイトばかりを探してました。

でも楽を選ぶと稼げないし稼げるを選ぶと面接受からない、もしくは肉体的にキツい、法律的にやばそうなものしかありませんでした。

まぁ当時稼げるバイトと言えば夜の仕事だったり土方だったりなんで当時の僕にはメンタル的に無理でした。

結論として楽して稼げることはありません。

楽な仕事は時給が安い上に単純作業で時間が経つのが遅い等で辛い。

稼げる仕事は体力仕事や水商売、法的にアウト。

楽と稼げるは別物なんですね。

だからあなたは今のネット社会でワンクリックで100万円とかの詐欺情報には絶対手を出さないでください。

もしもそんな方法で稼げるとしても一時期だけです。

そんな方法は一過性のものでしょうし何より自分の力で稼ぐわけではないので状況が変わったら滅びます。

ましてそんなものあったら今頃世界中が金持ちですよ。

これは楽してモテたいも同じです。

高校生の頃に勇気をふりしぼって恥ずかしながらホットドックプレスという若い男性向けのモテ指南の雑誌を買っては読みあさってました。

昔の自分に一言、

お前さぁ、モテ本読む前にまずは痩せたり自信つけろよ!

ほんとこれです。

そのホットドッグって雑誌はとにかく女子にモテるにはどうするというモテるテクニックがいっぱい書いてありました。

しかし太ってて自信なくて会話もできない、人と会うと緊張して顔面硬直するような奴がどんなにモテるテクニックを覚えようがキモいだけなんです。

あの雑誌は当時流行っていたギャル男やイケイケな男子がターゲットなのでそういう男子が使うからモテるんです笑

昔の僕は何を血迷ったのか、デブで自信ない、話も面白くないというイケてるかけらもないのにノウハウでモテようとしていたんです。

モテるわけねー笑

真面目に昔の僕はこれがわかっていなかったです。

何も努力しないで結果だけを得ようとするってホント図々しいにもほどがありまくりますね!

そりゃうまくいかんわって思いますよね?

しかもやってダメならまだマシだけど極度のビビリで全く実践できないのに知ったかぶりしてるという最低な人間でした。

いやぁマジで自分クソですわ、今書いてて昔の自分あまりにひどすぎてビックリしました笑

自分を変えずに結果だけを得ようとしても得ることはできません。

お金を稼ぎたければ正しくお金を稼ぐための努力をしなくてはならないし、モテたければ正しくモテるための努力をしなくてはならない。

昔の僕は挑戦するということを全くしませんでした。

ネガティブな思考で何もかも諦めてたのでとにかく楽に手に入れる方法ばかり探したのです。

やっぱり人間は多少の負荷をかけて乗り越えていくからこそ成長があるわけです。

それが自信にもつながり、魅力が出てくるのです。

失敗を恐れて何も行動しなければ何も得られません。

それに頑張ってなかったり現状で満足しちゃってもういいやって人はカッコよくないんですよね。

だから昔の僕は魅力なんかあるわけないですよ。

そもそもスタートがどうせ僕なんか〜というマイナスのところからですからね。

いやぁほんとに僕の人生ずっとそんなんでしたからね。

諦めてるとホント良いことないです。

自信がなくてできないよ、て人はハードルを下げてやれることから少しずつやってきましょう。

大事なのは諦めずに一歩でも進むことです、完璧主義にならず続ける。

というわけで楽に稼ぐや楽にモテるは遠回りでそんな魔法はないというお話でした。

それでは、ありがとうございました。