最初は誰もが初心者、期待なんかされてない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもひろぎんです。

気をぬくと完璧主義に陥り、何も出来なくなってしまうので完璧主義をやめよう。

何度思ったことか。

それでも人はまた繰り返す。

それこそ、

自己嫌悪のジェリーフィッシュ(hideさんのDoubtより)

よくわからんですが。

さて、完璧主義に陥るとこのブログ書けなくなるんですよ。

自分で勝手に良い記事書かなきゃとかこんなこと書いたら変かな?怒られるかな?言ってること間違ってるかな?漢字合ってるかな?おもしろくないかな、

オーマイガーーーーッッ!!!!!

という具合にハードルを上げてしまうからです。

でもこんなことぜんっぜん気にする必要ないんですよねー。

そんな最初から一流のレベルでいきなりできると思うなんておこがましいんですよ。

まして僕みたいな凡人以下の人間にそんな高等技術も知識もあるわけないんだから。

「そんなこと考えなくてもわかるだろー!バカかおまえはー?!」

てブラック飲食店で働いてたころの恐ろしい親方の口グセでよく怒鳴られましたわ笑

あー、ひさびさに思い出した…。

僕はブラック飲食店で働いてたのですが、バイトで入ったら即社員の話があってラッキーと思って気づいたら2年で店長になってました。

でも初めて18歳で飲食店でホールのアルバイトをした時は当然なんにもできないわけです。

グラスは割るわ、料理を違うテーブルに運んでしまうわ、お客さんに水ぶっかけるわ、頼んでないもの打ち込むわ、会計間違えるわ、あまりにしつかい酔っ払いのお客さんにキレてしまうわ

最後だけなんか違う気がするが…。

それはもう数えきれない失敗を繰り返しながら仕事を少しずつ覚えていったわけです。

それでも6年もやってれば違う店でいきなり社員になれるし社員になって2年で店長にもなることができる。

ま、ブラックだったんで人もいないし若いからちょうど良かったのかもしれないですが、、、

ま、それは良いとして。

だから自分が店長の時に飲食店未経験の大学生の子に最初から期待してはいけないしできなくて当たり前と思って教えてあげなければならなかった。

いまさらそんなことを思いました。

自分はあの時ホール未経験の子に、できなくて当たり前なのに期待したり怒ったりしてたんだなってまたもや自己嫌悪のジェリーフィッシュ。

ともかく最初は初心者、誰も期待もしてないし炎上もしない。

炎上なんか堀江さんレベルにならなけりゃできないから心配ご無用。

やってやりまくるしかない。

だったら自己嫌悪なんかに陥ってる暇は一ミリもないということ。

いかに自分がくだらないことを考えて踏み出せずにいたのか、これでわかったろ走り出せひろぎん!

今のお前に期待してる人なんか誰もいないんだから好きなようにやれよ。

失敗が怖い?失敗なんてものはないよ、結果が出るまでやり続ければ失敗などないのだから

では最後に僕の尊敬するX JAPANのYOSHIKIさんの言葉

「やってやれないことはない」

ありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする