ハードルを下げろ、とにかく考えずにやってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもひろぎんです。

やろうと思うことがあってもなんとなく気が進まずに酒飲んでしまって結局気づいたら翌日の朝だった。

こんな経験をされた方は多くいるのではないだろうか。

僕は人生のほとんどがこんな感じだった気がするが。

大事なことほどやりたくない、こんなんだから避けては通れないとこまで来て初めて手をつける。

何にもできない。

そりゃそうだ、テストにしろライブにしろ、今書いてるこの記事だって正直どこへ行ってるのかは自分でもわからない。

ではこんな行先不明な記事書いてどうすんの?

と言われてしまいそうですが逆に問いたい、

どこへ向かおうと僕の勝手なんですよ。

自分でも書いてて面白くなってきてしまった!

自分のブログなんだからせめてここではやりたいことやろうぜ!

こんな小さい世界だけど僕は好き放題やっていいんだぜ。

小さいころからなんかわからないけど我慢してきた気がする。

いい加減やめにしないかそういうことは。

まだ実社会でそういう枠を取っ払えないならここではそういうのやめようよ。

いい加減に嘘つきで自分に向き合うのはやめようと思うんだ。

誰のために生きているの、

そんなことすらわからないよ

ただ一つ言えるのはこの世の中はやればたるだけ自分にいろいろ返ってくるらしい。

ともかく心配してなにも解決はしないと思います。

なったら考えよう。

良い夜になりそうですね。

試しにドアを開けてみようかな、そんな気がしてきましたよ。

今夜は少し色が違いますがこれもひろぎんなんですよ。

自分自身を縛り付けてるのは自分自身なんですね。

ひゃほーい!

P.S SADSのsherryという曲を聴きながら書いていたらとても良い気分になりました!

音楽って本当に良いもんですね!

今夜は少しだけ自分をさらけだせたような気がします。

それではまた次回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする