もう2度としない、と誓ったパチンコで年末年始の全てを失った哀れな男

どうも、ひろぎんです。

今回はわりと人間の持つ欲望の最低レベルな話です。

僕のような状況にいる方はこれを自分ごととして読むときっと思うことがあると思います。

僕はあまりに我ながらひどいと思ったのでこれはもうネタにするしかないと腹を括りました。

それではお話します。

僕はオンラインカジノ、パチンコなどのいわゆるギャンブルで身を滅ぼしました。

300万の借金を抱えて家賃滞納、電気水道ガスも止まり、食事も満足にできませんでした。

僕はその時もう2度とそのような状態に陥りたくないと心底思ったのです。

それからは経済、時間、身体、精神の自由を得ることを目指して学びに投資してきました。

具体的にはネットビジネスで仕組みを作り、お金を得ることにより時間と心身の健康を得ることです。

しかし僕は目指す方向とは逆の、

2度と陥りたくないと思っていた最低な状態へ再び転落してしまいました。

もはや言葉では言い表せないぐらいに情けないです。

ことの発端は年末の仕事納めの日に会社で納会がありました。

そこで美味しいお酒や料理を頂き、昼から大変気分が良かったのです。

あまりにも気分が良かった僕は地元の駅に着いてからも3件ほど飲みに行きました。

ここまでは本当に心の底から良い日でした。

まだ時間は18時前、そこで僕は酔っていた中で絶対に聞いてはいけない悪魔のささやきに耳を貸してしまったのです。

景気づけにパチンコやっちゃえ!

この最低なささやきには普段は耳を貸してしまうことなどないのですが、

酔っていたのと年末で浮かれていたのか、夢を見てパチンコ屋へ足が向かっていました。

そして酔っていてよくわからない中で昔大好きだったパチンコ北斗の拳を打ち続けたのでした。

結果は大惨敗。

気づけば北斗の拳を1700回転まで回していました。

ケンシロウ、あんた弱すぎるぜ、、

帰宅して酔いが覚めた僕は青ざめました。

なんとつぎ込んだ金額は自分が思っていた額よりもかなり大きい5万5千円、、、

これは年末の忘年会や正月に必要なお金で甥や姪にあげるお年玉、年始に支払う借金に充てる予定のお金でした。

ヤバイ、年末年始どうしよう

翌日僕はどうしても失った5万5000円が諦めきれず、ウズウズしていました。

昼に元々予約していた散髪屋へ行き、店員さんと楽しく会話しながら髪を切ってもらいリフレッシュ。

あぁ、さっぱりした。

少し良い気分になれたけどやっぱり昨日の負けは痛すぎる。

僕は再びパチンコ屋に向かっていました。

昨日は酔っていて正常な判断が出来なかったんだ、今日は大丈夫だ、きっと。

という具合に都合の良い理由を並べたてて昨日は酔っていたから失敗したと思おうとしたのです。

そして昨日とは別の店で打つこと6時間、しかも年末年始の足しにとバイトを入れていたがそれどころではない、

とドタキャンしてしまいました。

全てが身勝手でどうしようもない方向へ行ってますね。

さらに打ちましたが、僕は自分がつぎ込んだ台に見切りをつけて他の台に移ったすぐ後に事件は起こりました。

なんと座って500円でおっさんが大当たり。

しかも僕が諦めて帰るときには8箱積んでてご満悦。

神よ、なぜもう少し早く出さなかったのか、

そしたら僕はお金は元どおりどころか増えていた。

つまりそのおっさんに軍資金6万プレゼントしたら500円で大連チャンしたってわけか。

もはや泣きたいよりも自分に呆れましたね。

そして僕の所持金は全額で1000円ちょっとになりました。

35歳の独身男が全財産これだけって信じられないですよね。

僕は金融ブラックなため、大手はもちろん中小街金の借入もできないです。

カードのショッピング枠も満杯という詰んだ状況です。

忘年会が2件控えていましたが1件は高熱で行けないことにしてなんとか回避。

しかしもう1件は地元の幼なじみと2人きり。

しかもよりによって予約の取れないフグ料理屋を予約しているからキャンセルはできないという絶対絶命状態笑

どう見積もっても2万は必要です。

仕方ない、幼なじみに頭を下げて立て替えてもらおうか、

おそらく長年の僕を知る仲なのでしょうがないな、と怒りもせず快諾してくれるでしょう。

しかしその友人に僕は去年から、

「俺は起業して月収100万になって雇われなんかすぐ引退だ」

とかほざいていたんです。

馬鹿ヤロー、どんな顔して頼めばいいんだよ笑

正月は両親に高熱で実家には行けないと仮病を使おうかと考えている状況です。

こんなに嫌な年末年始になった原因はなんなんでしょうか?

そうです、パチンコです。

全ては僕の弱さが引き起こした結末です。

僕はビジネスを学んで成功しようと目指していたのに真逆のことをやってしまったのです。

再びお金がほぼゼロになって思ったことがあります。

お金がないと何もできない。

そして恥ずかしいほど無力で情けないということです。

LINEで友人達から楽しみにしていたのに残念だ、年始までに治ることを祈るなどの言葉をもらってようやく気づきました。

なんと愚かなことをしてしまったんだ。

彼らとは年に一回しか会えないのにパチンコで全財産無くして勝手な理由で仮病でいけないことにしてしまったのだから。

甥や姪も正月を楽しみにしているだろうし、お年玉を期待していたことでしょう。

それとも親に正直に打ち明け、謝罪して立て替えてもらうか、など非常に悩みます。

でも完全にこれで目が覚めました。

自分の力ではないものに頼ってはいけない、

何かに依存して望みのものが得られることなどないのだと

しっかり自力をつけて他者に価値を与えてお金が頂けるということを思い出しました。

あとこれは人のサガなのか僕の弱さなのか、なんであと数千円あの台に粘らなかったのかと何度も強く思ったことです。

もう起きてしまった以上過去は変えられない、

ならばこれから決まっている予定に対してお金の工面をどうやってするかを考えるほうが先決なのにです。

とにかくこういうときは冷静に、頭を下げて恥をかいて済めば結果オーライなわけで、

一番やっちゃダメなのは自暴自棄で社会に迷惑をかけることです。

絶対に道はあるし必ずどこかに進む方法はあるのです。

喉元過ぎればなんとかで辛いのは今だけで必ず振り返れる日がやって来ます。

今はとにかく自分を強く持ってあきらめずにやれることを全力でやります。

幸い電気、水道、ガス、スマホ、ネットにつながったPCは生きています。

メンターの教材や本もわずかな水、酒もある。

世の中もっと辛い人がいる中で僕は五体満足でお金が無いだけなのです。

というわけで令和元年の年の瀬に色々深く考えるきっかけ、そして転機となる出来事になりました。

頑張りましょう、絶対に人生下克上して今を笑い飛ばせるように生きていきましょう!

それでは、ありがとうございます。

明日仕事に行く交通費もないぐらいお金に困って見えたこと

どうも、ひろぎんです。

貧乏を経験した事がなく、お金に困ったことがない方には理解されない話かもしれません。

僕は実家にいた頃は裕福とは言えなくとも、貧乏ではない中流家庭に育ちました。

不自由なく育ててくれた両親には本当に感謝しています。

しかし実家を離れて約10年、ギャンブルで借金を背負ってからの生活は本当に厳しいものとなりました。

明日会社に行く交通費がない!

こんなこと普通に暮らしていたらまず起こらないですよね笑

メシや酒はいくらでも削れます。

しかしさすがに仕事へ行く交通費は削ってしまったら歩いていくより他ありません。

電車で1時間の場所なら歩いて数時間はかかります。

そうしたら夜中に家をでないと間に合わないし帰宅するのもかなり遅い時間になりますよね。

そうなるともはやなんのために働いているのかもわからなくなります。

この状況に陥った時に僕は思いました。

お金がないってことは自分の自由がどんどんなくなるんだなと。

お金がある時や実家にいた頃はお金がないということがどういうことなのかがわかってなかったんですね。

買いたいものが買えないとかせいぜい携帯止まった、ぐらいなもんです。

しかし収入よりも支払いが多い場合はマジでどうしよう?となります。

ないものを払わなければならないというのはそれがある時よりも悩みます。

例えば洋服を毎日選ぶ時。

一着しか服を持っていない人と10日分のバリエーションがある人ではどちらが服を選ぶのが簡単でしょうか?

答えは10着ある人ですね。

なぜなら人は毎日同じ服を着ていると周囲から不潔と思われたり、服を買うお金がない貧乏な人と思われてしまいます。

1着しか服がない人がそれを回避するには仕事を休むか服を買うかしかありません。

しかし10着も着回しできる人は選ぶのが簡単ですね。

家賃を払わなければ家がなくなり、職もなくなる。

電気、水道、高熱費を払わなければ当然これらは使えなくなります。

電気が使えないと電気で動いている給湯器も電源が入らないため、ガスを使えずお湯が出なくなります。

つまり電気がとまるとあったかいお風呂も入れないのです。

夏は冷水シャワーで事足りますが冬に冷水シャワーはあまりに体に応えます。

このぐらいの状況になってくるとまず生活の安定が第一になってくるので趣味や他人に関心が向かなくなります。

僕も経験したからわかるのですが、八方塞がりの時はひたすら交通費や光熱費、ご飯をどうするかしか頭にないんですよ。

つまりビジネスの勉強や音楽聴くなんて選択肢は出るはずもありません。

ひたすら明日どうしようということしか考えられないし

明日はどうにかなった、じゃあさっては?という思考がグルグルするんです。

これは自由とは程遠いですね。

ここまでのレベルまで落ちるとお金がいかに大事かがよくわかります。

だから僕は一生お金に困らないレベルまで稼ぎ、それも自動で仕組みが稼ぎ出すような状態までにしたいと強く思いました。

サラリーマンの吹けば飛ぶような収入ではなく、もっと圧倒的な財力が欲しい、と。

貧乏体験をしたのは辛いことですが、おかげでこの考えに行き着くことになりました。

ブラック起業での経験も重なり、もうあくせく働いて安い賃金を得る生活はしたくないと本気で思います。

人生で最も大切なもの

それはお金、ではなく

時間です。

お金があってもお金を使う暇がないほど忙しく、体を壊してしまえば何の意味もありません。

かと言って時間だけがあってもお金がなければ人生は豊かになりません。

しかし会社に行かなくともお金が入る仕組みがあれば時間は得られます。

そして人の悩みの99%はお金で解決できると言われています。

日本ではお金について話すと金の亡者とか悪く思われる風潮があります。

しかし素直になるべきだと僕は思います。

実際今の日本で暮らすにはお金がないと生きていけないんですから。

メシを食うにも電車乗るにも学校行くにも病院行くにも子供を育てるにも。

人生お金じゃないよ

そう言う人もいますがそれは本当の貧乏を経験したことがないから言えるんです。

僕がお金にさほど困らずになんとなく安定した毎日が得られていたらここまで強烈にお金を稼ごうという覚悟は持てなかったと思います。

正しい知識を学び、正しい努力を続ければ必ず稼げるようになります。

というわけで今回のお話は以上です、ありがとうございました!