家に引きこもると楽だけど結局は自己嫌悪で逆に辛くなる時の対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、ひろぎんです。

僕は仕事が休みだと極力外には出ずに家に引きこもりたいタイプの人間です。

なぜなら僕は道を歩くだけでも人から馬鹿にされているような被害妄想が発動してしまいます。

目の前を歩いてる人がみんな僕のことを笑っているのではないかと思ってしまいます。

もう中学生ぐらいの頃からこんな状況なため常に監視されているような感覚で人の視線が恐ろしいです。

これがまた激しく疲れるので極力人に会いたくないと思ってしまう大きな理由です。

そのため外出するときは極力キャップを目深に被ってマスクをして歩きます。

その姿はまさに不審者です笑

しかし仕事や人との約束などであれば外出しなければ仕方ありません。

しなければならない状況ならばイヤイヤで電車乗ることもできます。

なので実際完全な引きこもりではないのですが、もうホント人の目が気になって嫌ですね。

これはもう一生治ることはないと思うのでうまく付き合って行くしかないです。

しかし用事がない日は家に引きこもってしまえば誰にも会わなくてすみます。

誰にも会わずに気を使うこともないので一見楽なんです。

しかし誰とも会話せずに自分の家で1日を終えるとすごくメンタルが弱くなっていることに気づきました。

夕方、辺りが暗くなりだす頃から今日何もしていない自分に対して完璧主義から来る強烈な自己否定が襲いはじめます。

なんてもったいないことをしたんだと落ち込んでしまい、どんどん鬱になっていきます。

じゃあ夜メシくらい何か美味いもの食べよう!と意気込みます。

しかし何だかんだ理由を付けて音楽を聴いてたり本を読んでは時間が過ぎていき、結局今日はムリだと逃げてしまいます。

たぶんこれメンタルが安定している人からすると理解できないことだと思います。

しかも僕は恵まれていることに家から歩いて五分圏内に飲食店が牛丼やカレー、ハンバーガー、寿司、ステーキとありとあらゆる飲食店があります。

そんなに便利なのに外出できないのですよ笑

酒でごまかしたりストックしたパスタを食べたり、うちにあるもので済ませて一日が終わります。

元々怠け者で出不精であるということもあるのでしょうが何も予定がないのに外に出るのが困難というどうしようもない状況です。

しかし最近はあることを知ることができたので、無理やりにでも散歩に出かけるようにしています。

僕が勝手に師匠と思い込んでいる起業家のわっきーさんという方がいます。

僕はそのわっきーさんが提唱している完璧主義を脱出する方法を実践するようにしています。

完璧主義とは自分が何かやろうとしたことができなかったり、目標に届かない、あるいは完璧を求めすぎるあまりに挑戦すらできないことを言います。

まさに僕の場合は引きこもりは自分に対して完璧主義を発動して自己嫌悪している状態と言えます。

でもハードルを下げていけば実は克服するのはそんなに難しいことではないのです。

なぜならほぼ確実にできることからはじめれば良いからです。

どういうことかと言うと確実にできることからやっていけばいいんです。

①まずは玄関のドアを開ける

②とりあえず玄関の外に出る

ハードルを下げて確実にできたら次の行動という具合に次へと進めば外には出られます。

ここまでくると僕はせっかく出たのだから一階まで降りてアパートの前に出よう。

出たらすぐに戻るのもなんだからとりあえず歩くか。

という具合に最初にしようと決めた

「玄関のドアを開ける」

という行為までできてしまえば、気づけばその先のことまでできてしまうということです。

これを期待してまずは思いっきりハードルを下げて下げていけば気づいたら散歩ついでにスーパーに買物に行って帰ってこれるようになるのです。

ただしお店屋さんでご飯を食べるために勇気を出していざ入れないという状況も多々ありますが笑

こうして僕は自分の落ち込む状況をなるべく作らないように最近は引きこもらないようにしています。

やはり家に閉じこもって外部情報に触れずにいるとなんだか精神が弱り始めます。

なので休日の昼はかならず散歩をして太陽の光を浴びて深呼吸をして気分を変えるようにしました。

これはかなり効果があります。

明らかに気分が良くなります。

ということで自分の意思だけでは休日に外に出られない、引きこもってしまいがちな人はまずは玄関に行ってドアを開けることから始めてみましょう!

というわけで昨日の僕はまず、

玄関のドアを開けてみるところから始めて散歩を始めることを始めました。

気がつけば昼間から美味しいおでんをつまみにお酒を飲んでしまいました笑

という具合に今までならグダッて結局何もしないで夕暮れを迎えた時に焦って自己嫌悪して落ち込んでって感じなんで、良い習慣にできそうです!

当たり前のことかじゃないか、と思われたかもしれませんがこれが当たり前にできないのが僕なんです。

人間一回外に出るとすぐに家に戻るのもなんかもったいないなと思うものです。

何にもなしで外出しても飽きてしまうので僕はウォークマンで好きな音楽をかけてテンションを上げて散歩しています。

これなら飽きないですし、外の世界の喧騒から離れられます。

最近は散歩をするのが好きになって来たので何にもない道を歩いていても楽しいです。

一時は引きこもっていて食料もなくなり、どうしようもなくなってはじめて真っ暗になってからコンビニに行ったりしてました。

コンビニに行ければまだ良いですがひどい日は何も食べるものがなくても一食くらい食べなくてもいいやと諦めてしまっていました。

さらに休日に何もせずに引きこもって明日から仕事かぁと思うとより一層イヤな気分になりますねー。

だから二連休の次の朝休んだりしてしまい、かなり気まずい思いもしました。

あと出前を取れば良いのですが、出前でも人に会ってしまうという完璧主義を発動してしまいます笑

これ書いてて自分でもすごい状態だなと思いますがホントにこんなんです。

まずはとにかく外に出てみる。

それだけで部屋の中だけで陰気な気持ちでいるよりも気分がよくなります。

少しずつ進んでいくことが大事だと思います。

ちなみに写真撮り忘れましたが帰りにマグロの中落ち丼を食べて帰りました。

前から知っていた近所のお店に初めて入ったのですが定食が売りのようなので新たな楽しみになりました。

まだ進んで渋谷や新宿には行きたいと思えませんが近所くらいは気にならなくなってきました。

というわけで今回の記事は以上です、

ありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする