負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもひろぎんです。

いきなりタイトルが大事マンブラザーズの「それが大事」なんですが。

今僕はビジネスを学びながら本を読んでネットで調べて知識をつけていこうということでネットビジネスをやって起業家を目指しています。

今ははっきり言って自分が何をしているのか、考えながら暗闇を手探り状態です。

しかし考えてみたら2年近く前にワードプレスで挫折して1年放置してしまった頃を考えるとなんだかんだ前に進んでいるんだなと感じました。

まぁ、マネタイズできているわけではないのでなんだそんなレベルかよ、と思われてしまうと思いますが。

ただ以前はできなかったワードプレスでのブログ作成、ツイッターとの連携、アドセンス広告貼り付けとなんだかんだでやらなかったよりは進んできました。

だから今は暗闇の中にいるけど大事マンブラザーズの唄のように、決してあきらめなければ良いという強い気持ちでいます。

たしかに常識的な考え方価値観の人からすれば何にも知識のないやつがネットビジネスで起業して月収100万とかできるわけない、そんなの無理だと思われてしまうでしょう。

しかしゼロから始めて今はアドセンス広告で154円の収益が上がりました。

挫折したままではこの結果すら得ることはできなかったわけです。

僕はしつこく追いかけて絶対に経済的、身体的、精神的、時間的自由を得るために行動し続けます。

人生を変えると決めました。

いままでの価値観で生きてきたからいまの現実があるのです。

ということはビジネスで成功している人達の価値観を持てるようになればそれが当たり前の現実として現れるはずです。

ただ、いくらあきらめずに行動しても方向を間違えたまま報われない努力を続けていたのであれば一生このままです。

なので正しい努力をして最短コースで行けるように情報を取り入れていかねばなりません。

ビジネスも武道などと同じで型が存在します。

守破離という言葉あり、師匠の教えを忠実に守り、型ができたらそれを破って自己流を探します、そしてやがて師匠を離れ自分のやり方を発展させていきます。

布袋寅泰さんというスーパーギタリストが言っていました。

「俺の好きな音楽を色々取り入れて自分の音楽を作っているのだから、自分の音楽が一番好きな音楽になるのは当たり前だ」と。

バンドなども観ているとデビュー前などは影響を受けたバンドの曲に似ていたりしますけど最終的にはオリジナリティが発揮されてそのバンドが唯一無二となります。

とにかく撤退的にパクる。

TTPの精神で最初は自己流を挟まずに真似しまくる。

これこそが上達への近道。

僕は起業家のわっきーさんをその対象として突き進んでいきたいと思います!

それでは、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする