何も変わらないことを文句ばっか言って自分が変わろうとしない人多すぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもひろぎんです。

ひろぎんは今現在とあるコールセンターでクレーム対応に近い電話対応を行っています。

そこで思うのが規約や条件で決まっているどうしようもないことを買った後にああだこうだとクレーム付けてくる人があまりにも多い。

例えば返品保証がないから買ってから何日以内で未使用未開封の場合のみ返品受け付けますって書いてある用紙が一緒に届いているのに開けて試してから返品したいと電話をしてくる。

開封したか確認し、返品できないですよと伝えた瞬間に激高して

返品できないなんて聞いてない、こんな商品だったなんて聞いてない、先に案内すべきだ、これであの値段取るなんて詐欺だ、とかあることないこと言ってくる人がすごく多い。

あぁまた始まったか、と電話のボリュームを下げて俯瞰して聞いているひろぎんです。

もちろんこちらに不手際があった場合はもちろん対応するがお客さん都合の場合は当然いちいち対応するわけがないです。

意外なことに若い人よりも圧倒的に年配者がムチャクチャなこと言ってこじらせることが多いです。

自分は長く生きているから世の中知っているんだ、という自負があるのかもしれない。そういうお客さんに限って常識や誠意とか振りかざしてきますけどそもそもそういう契約で買ったのはどちらさんですか。

自分の事棚に上げてひたすら文句言い続けても何も生まれないのにね。

もちろん年配者の方で対応できないことを伝えてすぐにわかったよ、それじゃしょうがないねと納得してくれる人もいますが少ないですね…

そういうお客様を相手にしていると悪いけど本当に時間の無駄してるなぁこの人って思います。特別待遇してもらえると思ってるんですかね、何様笑

自分の考えこそが正義で文句言えば何でもまかり通るって思っているような人ってやばくないですか。

規約や返品できる条件など書いてある紙を商品と一緒に送っているので読んでないとか知らなかったは許されないですよ。

高齢でこんな小さい字はわからない、見えにくい、わかりにくい、聞いてない、案内しないのは詐欺だとかね、都合悪くなると高齢者だからって言ってくるの聞いてて苦笑いしかないですよホントに。

あなた方が僕の二倍も三倍も生きていて今までにとっても多くの苦労をしてきたであろうことはわかりますしだんだん体も衰えてきていることは重々承知です。年上の方としてもちろん敬います。

しかし買う側だからと言ってなんでも言えば良いって思ってるような人、世の中長く生きてきているからものを知っている上で言ってるのよ、というただ長く生きてるからという独自の意味不明な理論展開するのはただのわがままで駄々こねてる子供よりたちが悪いですよ。

どうにもならないことを怒り続けて無駄な時間と体力消費してなんて非生産的な人たちなのかと思ってしまいます。

すいません猛毒ですね。

ようするに最近僕がビジネスを学ぶ上で時間効率を考えて優先順位の高いことからやって無駄なものは切り捨てるという思考に変わってきているためこのような人たちと話しているとまるで異次元世界の人と話している感覚になり驚きます。

反面教師という言葉がありますがまさに先生ですね。

僕自身は年が上だからとか自分の非を認めずに相手を攻撃するような大人にはならないようにしよう、そう思うことができました。

そして今自分が稼げていないのでそのような雇われて労働しなくてはならない自分が生活できるのはそんなお客様がお電話してくれるからなんですね、もちろん感謝しています。

毎日膨大なクレームを対応していて思いますが、クレームの大半が金があればこんなこと言ってこないんだろうなぁということです。

結局は大多数の常識の中で生きている人たちは収入限界があり、常にお金について不安や悩みを抱えていて少額のことでもわざわざ無謀なクレームをつけて対応させないと損をした、詐欺にあったと思ってしまうのでしょうね。

僕もまだその世界にいるので偉そうなことは言えませんが少なくとも起業家のマインドを意識するようにして思考が変わってきているので以前よりも色々なことが見えるようになってきたことが大きな発見です。

あとこれは別の話ですが、せっかくこちらがお客さんが損しないように別の提案しているのにまるで人の話を聞かな過ぎて結果的に損をしている人ってトータルで考えると今までこの人どんだけ人生で損してきたんだろうと思いました。

これも人のふり見て我がふりなおせということでありがとうございます。

とにかく早くそんな労働から卒業しなければ、他人の人生を生きることをやめようという気持ちが日に日に大きくなっているのを実感しています。

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする